経営学研究科

Business Administration
新宿キャンパス

経営学研究科 専攻構成

研究科長メッセージ

経営課題を解決しうる能力を養成

経営学研究科長 伊藤 利佳

近年の情報化技術の急速な進歩や、拡大し続けるグローバル化などの社会構造の変化に伴い、経営のありようも必要なスキルも変化しており、研究者のみならず企業人にとっても、より高度な専門性が求められる時代になってきています。このように不確実性が高まる経営環境においては、経営上の課題に対して変化に応じて柔軟かつ的確に対応できる能力が必要となります。そのためには、経営判断の根拠となる理論体系や問題解決を図るための知識や手法の修得が重要な鍵となります。

目白大学大学院経営学研究科ではこれらの背景をふまえ、高度な専門的知識、能力を持った経営人材の育成を目的としています。経営学研究科では、会計分野、経営組織論、経営戦略論、マーケティング、その他の経営学関連分野などのさまざまな分野から各自の研究テーマに沿った知識や理論を修得することができ、一般の学生の教育だけでなく、社会人の再教育にも重点を置いています。そのため、昼夜開講方式を採用し、主要な授業科目を夜間に置くことによって、働きながら修了できるように時間割が編成されています。また、税理士試験科目の免除措置を目指す大学院生を多数受け入れており、会計学と税法の基礎理論の再入門から最先端の研究まできめ細かい教育を展開し、税理士となりうる人材の育成に力を入れています。本研究科では、一度社会に出てからもう一度学び直したいという志を持って入学する学生も少なくありません。むしろ、経営学という学問の性質上、社会に出てからの方が学びたい欲求や必要性が高まることもあります。経営学研究科で学び、専門的知識や実践的スキルを身につけ、さらに視野を広げることによって、広く社会に貢献し、活躍できる経営人材を目指しませんか。