経営学研究科 経営学専攻

教授

吉原 敬典 Yoshihara Keisuke

ホスピタリティマネジメント理論を適用した事例研究

経営学の一分野である「ホスピタリティマネジメント」が私の専門です。関係する分野としては、「サービスマネジメント」と「ヒューマンリソースマネジメント」があります。この3つの分野を体系的に研究しています。
その研究成果の1つとして、『ホスピタリティマネジメントが介護を変える―サービス偏重から双⽅向の関わり合いへ―』(新・MINERVA福祉ライブラリー37)をミネルヴァ書房から出版しました。本書は、⾼齢社会を迎え、介護施設の利⽤者である⾼齢者が⾃らの欲求や願望に蓋をすることなく、⼀⼈ひとりの可能性を引き出すことができるマネジメントについて提案したものです。利⽤者の幸福感と職員のモチベーションを同時に⾼められるホスピタリティマネジメントは利⽤者と職員が共創するものであり、「活私利他」「三⽅よし」に通ずる点があることを提⽰した⼀冊です。私はこれまで「ホスピタリティ3部作」として、白桃書房から『ホスピタリティ・リーダーシップ』『ホスピタリティマネジメント―活私利他の理論と事例研究―』『医療経営におけるホスピタリティ価値―経営学の視点で医師と患者の関係を問い直す―』を出版しています。

経営学専攻への入学を希望される方へ

1年生で経営学全般について広く学んでほしいと思います。そして、2年生ではテーマを絞り込んで、人の心を豊かにし社会の発展に貢献することを目的にして、修士論文を仕上げてもらいたいと思います。

経営学は理論と実践の分離を許さないところに特性があります。良い研究とは多くの人が気づいていないことを「それが重要である」と明らかにすることです。このことを念頭に自己研鑽していただきたいと思います。