ディプロマ・ポリシー

卒業認定・学位授与の方針

全学共通

本学は、教育基本法等の教育法規、並びに建学の精神「主・師・親」に則り、国家・社会への献身的態度、真理探究への熱意、及び人間尊重の精神を、そして幅広い教養と確かな専門性を、学生に身につけさせる教育(本学が社会的使命として掲げている「育てて送り出す」教育)を実践し、このことを通して、将来、社会において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。

この目的を達成するために開設される、全学の共通科目及び各学部・学科の専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の「学士力」、及びそれぞれの専門分野に関わる「専門基礎力」を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

心理学部

心理学科

本学部・学科は、心の成り立ちや働き等に関する心理学の諸分野を幅広く学び、科学的・実証的な方法論とともに、人間の心理と行動に関する多角的な視野からの知識を修得することにより、カウンセリングマインドを持ち、多様性に開かれた共生社会に踏み出すことのできる人材を養成することを目的とする。

  1. 現代社会の課題や問題に対し、多角的視野に基づく心理学の知識や技術を活かして主体的に取り組み、解決に向けて思考し、判断することができる。
  2. 共感力を身につけ、カウンセリングマインドや心理学的態度、技術を習得し、多様な人々とコミュニケーションをとることができる。
  3. 個人・集団・文化の独自性を理解した上で、心理学的課題に対処できる。

人間学部

本学部は、学生が専門として学んでいる人間科学およびその近接領域の学修を通して、十分な専門性と幅広い教養を身につけ、将来社会において創造的で自律的な市民となり、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的のために、全学共通科目および学部共通科目さらに本学部各学科専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力および専門諸分野に関わる知識や技能を卒業認定に値する以上に獲得できたと認められる学生に対して、学士の学位を授与し卒業を認定する。

心理カウンセリング学科

  1. 人間の行動や心理過程について、基礎的な知識を身につけた上で、適切に評価することができる。
  2. 心理的課題に対して、カウンセリング・マインドで対応することができる。
  3. 心理学的観点から人間に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

人間福祉学科

本学科は、学生が専門として学んでいる人間福祉学及びその近接領域の学修を通して、十分な専門性と幅広い教養を身につけ、将来社会において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的のために、全学共通科目および学部共通科目さらに本学科専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力および人間福祉に関わる知識や専門的技能を卒業認定に値する以上に獲得できたと認められる学生に対して、学士の学位を授与し卒業を認定する。

  1. 人間の福祉について、基礎的な知識を身につけた上で、適切に評価することができる。
  2. 福祉に関わる課題に対して人間の尊厳と人権を大切にしつつ対応することができる。
  3. 社会福祉的観点から人間に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

子ども学科

本学科は、学生が専門として学んでいる子ども学及びその近接領域の学修を通して、十分な専門性と幅広い教養を身につけ、将来社会において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために、全学共通科目および学部共通科目、さらに本学科で開設される専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、本学科の専門基礎力を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、子ども学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

  1. 子ども学の観点から人間に深い関心を持ち続け、保育に対する責任感を身につけ、一人ひとりの子どもを大切にする関わりができる。
  2. 保育内容や指導法の研究をすることができ、子どもが自己発揮できるような遊びを展開できる。
  3. 子どもを取り巻く家庭や地域社会の課題を理解でき、相手の立場に立った適切な支援を考えることができる。
  4. 子どもの心や身体の状態を的確に理解することのできる専門的知識を持ち、個々の子どもに対して適切な援助ができる。

児童教育学科

本学科は、学生が専門として学んでいる児童教育学およびその近接領域の学修を通して、十分な専門性と幅広い教養を身につけ、将来社会において創造的で自立的な市民となり、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的のために、全学共通科目および学部共通科目さらに学科専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力および児童教育に関わる知識や技能を卒業認定に値する以上に獲得できたと認められる学生に対して、学土の学位を授与し卒業を認定する。

  1. 児童教育学の観点から人間に深い関心を持ち続け、児童教育に対する責任感を身につけ、一人ひとりの児童を大切にする関わりができる
  2. 教育学的思考法や児童教育学に関わる基礎的な知識・技能を身につけるとともに、教育の諸問題について考えることができる
  3. 教職課程履修者については、教科など各領域に関わる内容に関して基礎的な知識・技能を身に付けている。

社会学部

本学部は、目白大学の卒業認定・学位授与方針に基づき、社会学及びその隣接諸分野の学修を通じて、幅広い教養と確かな専門性を学生に身につけさせる教育を実践し、このことを通して、将来、社会において創造的で自立的な市民となり、社会の変革と発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
本学部は、この目的を達成するために、本学部及び2学科(社会情報学科・地域社会学科)が開設する共通・専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、本学部及び2学科に固有の専門諸分野に関わる知識や技能(専門基礎力)を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対して、学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

社会情報学科

本学科は、目白大学の卒業認定・学位授与方針に基づき、社会学・生活関連分野の学際的な学修を通じて、複雑化する現代社会の諸課題に向けて多角的にアプローチし、「知性」にもとづく的確な社会認識力、実証的な分析力、複眼的な思考力とともに、「感性」を活かした洞察力を身につけ、創造的な解決策や豊かな価値をデザインできる人材を育成することを目的とする。
本学科は、この目的を達成するために、本学部及び本学科が開設する共通・専門科目を履修し、卒業に必要な単位を取得することによって、本学部および本学科に固有の専門諸分野に関わる知識や技能(専門基礎力)を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士(社会情報学)の学位を授与し卒業を認定することとする。

メディア表現学科

  1. 社会に関する基礎的な知識を身につけ、メディアの観点から社会の諸問題について適切に評価することができる。
  2. 社会のさまざまな問題解決にあたって、高度なコミュニケーション技術と効果的表現で対応することができる。
  3. メディアの特性や役割、影響に関心を持ち続け、社会に貢献することができる。

地域社会学科

本学科の所属する社会学部では、社会において創造的で自立的な市民となり、社会の変革と発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的としている。本学科では、この目的を達成するため、学科の専門科目を通じて社会に関する基礎的な知識を身につけ、地域社会や現代社会のあり方について適切に評価することができ、問題解決にあたって対象を理解し自己を表現することのできるコミュニケーションスキルを身につけたと認められる学生に対し卒業を認定することとする。

メディア学部

メディア学科

本学部・学科は、「現代社会、人間生活とメディアとの関わりを批判的・主体的にとらえ、来たるべきメディア社会を構想し、人間生活の向上に役立てる学」としてのメディア学およびその近接領域の学修を通じて、現代社会・人間生活においてメディアが果たす役割を認識し、メディアに関する知識・活用能力を用いて社会の諸問題の解決に寄与しうる人材を育成することを目的とする。

  1. メディアを批判的・主体的に読み解く能力を身につけた上で、社会の諸問題について適切に評価し、解決に向けて努力することができる。
  2. メディアの機能や影響を理解した上で、適切な調査・表現・コミュニケーションを社会との関わりにおいて実践することができる。
  3. メディアの役割に関心を持ち続け、社会に貢献することができる。

経営学部

経営学科

本学部・学科は、以下のことができる人材を養成することを目的とする

  1. 社会や人間の本質について幅広い見識を持ち、社会のあるべき姿を構想する。
  2. 社会のあるべき姿の実現に向け、経営学の知見を活かして事業体の事業環境や経営状況を分析し、経営課題を発見する。
  3. 事業体の経営課題に対して適切な対応策を立案する。
  4. 課題の対応策の実践に向けて、事業体を組織化し、運営する。

この目的を達成するために開設される、全学の共通科目及び本学科の専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力、及び本学科が指定する専門基礎力を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

外国語学部

本学部は、学生が専門として学んでいる言語(英語・中国語・韓国語)と日本語の、双方の、高度な公共的使用能力を涵養すること、そしてこれを基盤として、将来、社会において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために開設される、全学の共通科目及び本学部の専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力、及び本学部の各学科が指定する専門基礎力を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

英米語学科

本学科は、英語と日本語の、双方の、高度な公共的使用能力を涵養すること、そしてこれを基盤として、将来、国内外において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために開設される、全学の共通科目及び本学部と本学科の専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力、及び本学科が指定する専門基礎力を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

中国語学科

本学科は、中国語と日本語の、双方の、高度な公共的使用能力を涵養すること、そしてこれを基盤として、将来、社会において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために開設される、全学の共通科目及び本学部と本学科の専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力、及び本学科が指定する専門基礎力を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

韓国語学科

本学科は、韓国語と日本語の、双方の、高度な公共的使用能力を涵養すること、そしてこれを基盤として、将来、社会において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
より具体的には、以下のような能力を身につけた人材を育成することを目指す。

  1. 韓国語と韓国文化について基礎的・応用的・実用的な知識を身につけ、国際的な観点に立って考えることができる。
  2. 韓国語で自らの考えを表現できるとともに、世界の人々と交流することができる。
  3. 韓国文化の観点から世界に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

この目的を達成するために開設される、全学の共通科目及び本学部と本学科の専門科目(単位認定制度による協定校開設の専門科目を含む)を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力、及び本学科が指定する専門基礎力を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士の学位を授与し卒業を認定することとする。

日本語・日本語教育学科

本学科は、「国語としての日本語」と「外国語としての日本語」という2つの観点から日本語を学生に学ばせる。この学びを通して日本語の高度な公共的使用能力を涵養すること、そしてこれを基盤として、将来、社会において創造的で自立的な市民となって、社会の発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために開設される、全学の共通科目及び本学部と本学科の専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、全学共通の学士力、及び本学科が指定する専門基礎力を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対し、学士の学位を授与することとする。

保健医療学部

本学部は、目白大学の卒業認定・学位授与方針に基づき、健康という目標に向って組立てたリハビリテーション領域の科学及びその隣接諸分野の学修を通じて、幅広い教養と確かな専門性を学生に身につけさせる教育を実践し、将来、社会において創造的で自立的な市民となり、社会の変革と発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために、本学部が開設する共通・専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、本学部3学科に固有の専門諸分野に関わる知識や技能を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対して、学士の学位を授与し卒業を認定する。

理学療法学科

本学科は、目白大学の卒業認定・学位授与方針に基づき、健康という目標に向って組立てたリハビリテーション領域の科学及びその隣接諸分野の学修を通じて、幅広い教養と確かな専門性を学生に身につけさせる教育を実践し、将来、社会において創造的で自立的な市民となり、社会の変革と発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために、本学部及び本学科が開設する共通・専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、本学科に固有の専門諸分野に関わる知識や技能を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対して、学士の学位を授与し卒業を認定する。

作業療法学科

本学科は、人々の健康と幸福という目標に向って組立てた作業療法領域の科学及びその隣接諸分野の学修を通じて、幅広い教養と確かな専門性を学生に身につけさせる教育を実践し、将来、社会において創造的で自立的な作業療法士となり、社会の変革と発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために、本学部が開設する共通・専門科目及び本学科の専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、本学科に固有の専門諸分野に関わる知識や技能を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対して、学士の学位を授与し卒業を認定する。

言語聴覚学科

本学科は、目白大学の卒業認定・学位授与方針に基づき、健康という目標に向って組立てたリハビリテーション領域の科学及びその隣接諸分野の学修を通じて、幅広い教養と確かな専門性を学生に身につけさせる教育を実践し、将来、社会において創造的で自立的な市民となり、社会の変革と発展に貢献していくことのできる人材を育成することを目的とする。
この目的を達成するために、本学部及び本学科が開設する共通・専門科目を履修し、卒業に必要な単位数を取得することによって、本学科に固有の専門諸分野に関わる知識や技能を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対して、学士の学位を授与し卒業を認定する。

看護学部

看護学科

本学部・学科は、看護学及びその隣接諸分野の学修を通じて、幅広い教養と確かな専門性を身につけ、将来社会において創造的で自立的な市民となり、社会の変革と発展および人々の健康に貢献していくことのできる人材を育成するとともに、下記1~5の資質・能力を身につけた看護専門職業人を養成することを目的とする。

  1. 多様な健康上のニーズや生活背景、価値観をもつ人々を全人的存在として理解し、適切な援助関係を築くことができる。
  2. 看護の専門的知識、確かな技術、適切な態度を統合でき、科学的根拠に基づいた看護を実践できる。
  3. 保健医療福祉チームにおける看護職の役割や責任を認識し、健康支援に関わる全ての人々と連携協働できる。
  4. 専門職としての高い倫理観をもち、人間の尊厳と権利を擁護する行動がとれる。
  5. 看護への探求心とキャリア展望を持ち、社会のニーズに応じた専門性を発展させることで人々の健康に寄与できる。

この目的を達成するために、全学共通科目および本学部・学科専門教育科目を履修し、卒業に必要な単位数を修得する。本学部の専門分野に関わる知識や技能を、卒業認定に値する程度以上に獲得できたと認められる学生に対して、看護学士の学位を授与し卒業を認定することとする。