メディア学部

Faculty of Media Studies
新宿キャンパス

情報化が進む現代社会において、新聞、テレビ、雑誌、インターネット、スマートフォンなど、さまざまな情報メディアが私たちの生活に関わっています。目白大学における「メディア学」では、効果的なコミュニケーション手法やコンテンツ制作技術を学び、メディアを駆使した表現を追求するとともに、社会の中でのメディアの役割、心理的影響などを探究していきます。また、大学を飛び出して、地域・企業などの現場で実践力を養うプログラムも大きな特長です。理論と実践をバランスよく学ぶことで、あらゆる仕事に要求される発想力・企画力・プレゼンテーション能力を磨きます。

メディア学部 学科構成

学部長メッセージ

メディア学部長
メディア学部長 三上 義一

激変するメディアの世界を探究する楽しさを
学ぼう

メディアは今、激変し、社会を大きく変えています。この現象をどう大学で教え、学問的にとらえればいいのでしょうか。その答えを求めるために誕生したのが「メディア学部」です。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、ライブイベントといった新しい分野を取り入れ、それに対応できる教員を増員し、施設・設備を拡充しました。学生の皆さんには、新しい「メディア学」に挑戦し、本学で学んだことを活かして、社会に貢献できる人材に育ってほしいと願っています。