研究活動の紹介

本学の研究推進体制

本学では教員の活発な研究活動を促進し、その成果を積極的に社会へ還元していくため、附属施設として地域連携・研究推進センターを置き、学術研究に関する重要事項の審議等を行うとともに、大学事務局研究支援課を常設して、教員の研究活動に対する組織的なバックアップ体制を整えています。

研究助成

本学の強みを生かした多様な分野の研究活動をよりいっそう推進し、それらの研究成果を産業界や地域社会の課題解決へと活用するため、さまざまな研究支援のための制度を設けています。

特別研究費の支給

専任教員に毎年一律に支給される基本研究費とは別に、教員が申請した研究テーマを学内の審査委員会が研究の目的や意義等を審査して支給する競争的な性格の研究費です。複数の学部学科に関わる横断的研究を推進する「学術研究プロジェクト助成」や、教育改革・教育方法の開拓を目的とする「教育向上関連プロジェクト助成」など、全9種目が設定されており、原則として単年度ごとに採択の可否を審査し助成しています。

佐藤弘毅記念教育研究助成金

目白学園第6代理事長を務めた佐藤弘毅名誉教授等による寄付金を原資として、教育の工夫改善を中心とした教育研究活動を奨励し、教育改革の取組みを促進するための助成金です。本学の専任教員(個人またはグループ)による取組みを対象とし、1年間を限度として毎年申請を受け付け、採択の可否を審査します。
受給者は助成期間終了年度の翌年度の全学研修会において、その成果を発表することが義務付けられています。

科研費の申請、採択に向けた支援

公的研究資金による本学研究活動の促進のため、とりわけ、独立行政法人日本学術振興会が公募する科学研究費助成事業(科研費)の申請に関しては、本学教員の研究課題の採択を目指し、大学事務事務局研究支援課において、全申請者の研究計画調書を確認、書式遵守等の校正を行っています。また、有識者による「科研費申請のためのポイント」説明会を開催するなど、全学的に採択可能性の上昇を図っています。
さらに、教員に本学オリジナルの『科研費使用ガイドブック』を配付し、毎年秋の申請時期には全教員を対象とする科研費助成事業説明会を開催、並びに、全教員が参加する全学FD研修会で研究成果の発表機会を設けるなど、採択に向けた具体的なヒントを得られる機会を多く設定しています。

本学の科研費採択実績はこちらをご覧ください。

客員研究員制度

学術研究の円滑かつ柔軟な推進を図るため、期間を定めて客員研究員を受け入れています。客員研究員は教育、研究その他本学の運営に支障のない範囲において、あらかじめ定めたテーマについて、研究遂行するために必要な本学の施設、設備等を使用することができます。

研究紀要の刊行

本学教員や大学院在学生による研究活動の成果を公開するため、本学では以下の研究紀要を年1回刊行しています。
各紀要は本学の新宿キャンパス・さいたま岩槻キャンパス・国立埼玉病院キャンパスの各図書館・図書室に配架しているほか、国立国会図書館で閲覧することができます。また、本学の紀要に掲載された論文は、「目白大学リポジトリ」で、インターネット上から誰でも無料で電子データファイルにアクセスすることができます。

<研究紀要一覧>
目白大学人文学研究/目白大学総合科学研究/目白大学心理学研究/目白大学経営学研究/目白大学健康科学研究/目白大学短期大学部研究紀要

研究実績の例

2019年度科学研究費助成事業(科研費)による研究課題一覧

学部 学科 氏名 職位 研究課題名
人間 心理カウンセリング 小野寺 敦子 教授 中年女性の実母との関係性が自己実現欲求と扶養意識に及ぼす影響
心理カウンセリング 河野 理恵 准教授 準限界集落に居住する高齢者のライフスタイルの解明、及び心理社会的支援モデルの構築
心理カウンセリング 杉本 希映 准教授 学校と保護者が協働していじめ予防に取り組むためのプログラム開発
心理カウンセリング 高橋 稔 准教授 エクスポージャー中に観察された視覚的注意の結果のフィードバックによる影響
心理カウンセリング 大嶋 玲未 専任講師 高機能自閉スペクトラム症者の職場定着を支える組織風土および環境的要因の検討
心理カウンセリング 齋藤 梓 専任講師 性被害者の援助要請行動に関する研究
心理カウンセリング 浅野 憲一 専任講師 うつ病に対する複合的な集団コンパッション・フォーカスト・セラピープログラムの開発
心理カウンセリング 前鼻 啓史 専任講師 アンプティサッカー競技者の趣向に応じた先進的トレーニングガイドラインの創出
心理カウンセリング 成瀬 麻夕 助教 月経が健常人と双極性障害の気分変動に与える影響:睡眠と対人関係を包括した作用機序
心理カウンセリング 堀川 聡司 助教 トランスジェンダーの子を持つ親への心理的援助プログラムの開発
人間福祉 須加 美明 教授 訪問介護における医療的ケア及び医療との連携水準が与える利用者への影響
人間福祉 平野 寛弥 准教授 「行動変容アプローチ」がもたらすシティズンシップの変容:英国の社会政策分析から
人間福祉 金 在根 専任講師 長時間介助サービスを利用する障害者の「生きづらさ」と介助関係に関する研究
人間福祉 鹿内 佐和子 専任講師 精神疾患を有する学生の支援とセルフ・アドボカシーに関する研究
人間福祉 滝島 真優 助教 学校教育現場における慢性疾患や障害のある子どものきょうだい支援に関する基礎的研究
人間福祉 三樹 陽介 専任講師 消滅の危機に瀕する八丈語の音声談話資料の拡充と継承のための教材開発に関する研究
子ども 青木 豊 教授 愛着スペクトラム評価システムの開発とその有用性の検討
子ども 荒牧 美佐子 准教授 幼稚園における預かり保育が家庭での子育てや子どもの発達に与える影響
子ども 西山 里利 准教授 看護用具・用品開発のための看護実践体験言語化支援システムの構築
子ども 日暮 トモ子 准教授 戦前の日中両国における保育所の成立と展開に関する比較史研究
子ども 松永 愛子 准教授 「遊びの質」を高める園文化に関するエスノメソドロジー研究
子ども 村田 久 准教授 中山間地域における包括的子ども育成モデルの構築と検証
子ども 井門 彩織 専任講師 保育者、子ども、動物の関係性の違いによる教育効果、動物福祉への影響について
児童教育 田尻 信壹 教授 地歴科教員の史料を活用した課題追究型世界史授業の開発を支援するための研究
児童教育 山本 礼二 教授 教職課程におけるキャリア形成を促す「学校インターンシップ」のカリキュラム開発
児童教育 阿久津 美紀 助教 子どもの権利を保障する記録管理体制の確立とアクセス支援
社会 社会情報 張 元宗 教授 母数に線形不等式制約条件があるときの推定量の改良問題
社会情報 長崎 秀俊 教授 低関与商品のパッケージ・アイデンティティ重要性の研究:アイカメラによる実験調査
社会情報 東条 佳奈 専任講師 現代日本語における「名詞の助数詞的用法」の実態解明を目指した雑誌コーパスの構築
地域社会 大西 律子 教授 観光まちづくり学習に有用なワークショップ実践者育成プログラムに関する包括的研究
地域社会 早川 雅子 教授 近代への過渡期の都市住民家族における孝行の諸形態と主体形成
地域社会 泉 直亮 専任講師 東アフリカ農村地域における経済格差に注目した生存基盤の再考に関する研究
メディア メディア 西尾 典洋 准教授 番組構成パターンを活用した初等中等教育向けの映像制作指導教材の開発
メディア 馬場 一幸 専任講師 危機的状況の小型映画フィルムから情報資源を発掘する新開発連続式スキャナの提案
メディア 彦坂 和里 助教 「西浦の田楽」で継承される「教え」のVR映像アーカイブの構築
外国語 英米語 時本 真吾 教授 脳波解析による語用論的推論の実時間処理モデル構築ならびに心の理論との関わりの考察
英米語 時本 真吾 教授 ニューロフィードバックを用いた言語的直観の神経基盤と可塑性の研究
英米語 広実 義人 教授 語彙アクセス速度と文構造の複雑さが日本人の知覚する英語の速さに与える影響
英米語 前田 ひとみ 准教授 短期留学が学習者の意識に与える影響と「学びの意識化フレームワーク」の構築
英米語 マスワナ 紗矢子 准教授 英語ライティングタスクの開発に向けたEAPジャンルの横断的分析
英米語 渡丸 嘉菜子 専任講師 日本語母語話者による英語母音知覚への語彙情報の影響についての調査
日本語・日本語教育 池田 広子 教授 東南アジアにおける「学び合う教師コミュニティ型教師研修」の広がりと継続性の構築
日本語・日本語教育 久保田 美子 教授 海外の日本語学習者と日本語教師のビリーフに関する調査票の新たな開発とその検証
日本語・日本語教育 高橋 恵利子 准教授 第二言語としての日本語のリズム習得を目的としたHVPTに関する基礎研究
保健医療 理学療法 尾崎 繁 教授 ヘッドマウントディスプレイとバーチャルリアリティを用いた運動学習の研究課題の開発
作業療法 會田 玉美 教授 高次脳機能障害者の社会参加を促進する教育用VTRの作成とその効果
作業療法 時田 みどり 教授 要約統計量表象の認知過程:視・聴・触覚における平均感覚量推定への拡張
作業療法 金野 達也 助教 脳血管障害者の把握力調整能力の解明と新たな手指機能介入プログラムの開発応用
作業療法 山田 孝 客員研究員 認知症高齢者に対する包括的生活支援プログラムの開発と検証:ランダム化比較試験
言語聴覚 内山 千鶴子 教授 言語聴覚士養成における教育ガイドラインとモデル・コア・カリキュラムの検証と確立
言語聴覚 伏木 宏彰 教授 感度が高い中枢性めまい推定検査の開発のための視覚前庭眼反応の離散的フーリエ解析
言語聴覚 周 英實 助教 読み書きが困難な日本語と韓国語バイリンガル児童における検査法と効果的指導法
言語聴覚 岡野 由実 客員研究員 一側性難聴による障害実態の解明とエビデンスに基づいた支援プログラムの開発
看護 看護 糸井 志津乃 教授 保育所看護職の小児がんの子どもとその家族への支援内容とあり方
看護 伊藤 まゆみ  教授 看護師のキャリア成熟とキャリアレジリエンスの獲得が職業的アイデンティに及ぼす効果
看護 辰島 美佐江 教授 実地指導者を支援する教育担当者を対象とした教育プログラム立案モデルの開発
看護 唐沢 博子 准教授 ヴァーチャルリアリティシステムを導入した医療安全教育プログラムの開発
看護 藤木 眞由美 専任講師 統合失調症者のきょうだいに向けた適応過程に基づいた教育プログラムの開発と検証
看護 藤田 佳代子 専任講師 妊娠中からの動画配信によるボンディング障害への予防的介入プログラムの開発

※2018年度執行の延長分は除く。

特別研究費(学術出版助成)の支給を受けて刊行された出版物

(2019年8月1日現在。著者の所属・職位は刊行当時のもの)

著者 所属/職位 書名(出版社/刊行年)
人間学部児童教育学科〔編〕 『未来へ紡ぐ児童教育学』
(三恵社/平成30年)
野田 正治 社会学部
社会情報学科
教授
『虚構の蘇我・聖徳 : 我は聖徳太子として蘇る』
(鳥影社/平成30年)
林 俊郎 社会学部
社会情報学科
教授
『「糖」が解き明かす人類進化の謎 : なぜヒトの脳は大きくなったのか』
(日本評論社/平成30年)
廣重 剛史 社会学部
社会情報学科
専任講師
『意味としての自然 : 防潮林づくりから考える社会哲学』
(晃洋書房/平成30年)
高橋 弥生 人間学部
子ども学科
教授
『子ども学がやってきた』
(一藝社/平成29年)
田尻 信壹 人間学部
児童教育学科
教授
『探究的世界史学習論研究 : 史資料を活用した歴史的思考力育成型授業の構築』
(風間書房/平成29年)
林 俊郎 社会学部
社会情報学科
教授
『ダイオキシン物語 残された負の遺産』
(日本評論社/平成29年)
小林 賴子 社会学部
メディア表現学科
教授
『グローバル時代の夜明け - 日欧文化の出会い・交錯とその残照一五四一~一八五三 -』
(晃洋書房/平成29年)
池田 広子 外国語学部
日本語・日本語教育学科
教授
『実践のふり返りによる日本語教師教育 ― 成人学習論の視点から』
(鳳書房/平成29年)
山田 宣夫 外国語学部
英米語学科
教授
『大学教育の在り方を問う』
(東信堂/平成28年)
野田 正治 社会学部
社会情報学科
教授
『飛鳥の暗号』
(鳥影社/平成28年)
人間学部児童教育学科〔編〕 『未来を拓く児童教育学 : 現場性・共生・感性』
(三恵社/平成27年)
野田 正治 社会学部
社会情報学科
教授
『法隆寺コード―キトラ・高松塚の軸線』
(三弥井書店/平成27年)
高久 聡司 社会学部
地域社会学科
専任講師
『子どものいない校庭 都市戦略にゆらぐ学校空間』
(勁草書房/平成26年)
社会学部メディア表現学科
所属教員15名〔編〕
『メディアと表現―情報社会を生きるためのリテラシー―』
(学文社/平成26年)
安心院 朗子 保健医療学部
理学療法学科
専任講師
『高齢者の外出を支える移動支援機器に関する研究
―歩行補助車およびハンドル形電動車いすの使用の現状から課題を探る―』
(文化書房博文社/平成26年)
須加 美明 人間学部
人間福祉学科
教授
『訪問介護の評価と専門性』
(日本評論社/平成25年)
牛山 佳菜代 社会学部
メディア表現学科
准教授
『地域メディア・エコロジー論―地域情報生成過程の変容分析―』
(芙蓉書房出版/平成25年)