経営学部

経営学科

Department of Business Administration 新宿キャンパス

メディア・出版

  • 経営学科
  • メディア・出版
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 大学院トップ, 学園トップ, 経営学専攻 修士課程, 経営学専攻 博士後期課程

経営学科の吉原敬典教授が編著者を務めた『ホスピタリティマネジメントが介護を変える-サービス偏重から双方向の関わり合いへ-』が刊行されました

経営学部経営学科の吉原敬典教授が編著者を務めた『ホスピタリティマネジメントが介護を変える-サービス偏重から双方向の関わり合いへ-』(新・MINERVA福祉ライブラリー37)をミネルヴァ書房から刊行されました。

ホスピタリティマネジメント研究の第一人者である吉原教授は、本書において、「ホスピタリティマネジメントとはサービス利用者と現場職員が双方向に関わり合い、プラスの相乗効果を高め合える環境を構築するための経営哲学であり手法である」と説き、その理論的根拠と環境づくりのための手法を「誰にでも身に覚えのある」事例をふまえ解説しています。利用者の幸福感と職員のモチベーションを同時に高められるホスピタリティマネジメントは利用者と職員が共創するものであり、「活私利他」「三方よし」に通ずる点があることを提示した一冊となりました。

吉原教授はこれまで、『ホスピタリティ・リーダーシップ』『ホスピタリティマネジメント-活私利他の理論と事例研究-』『医療経営におけるホスピタリティ価値-経営学の視点で医師と患者の関係を問い直す-』(ともに白桃書房) のホスピタリティ3部作を刊行しており、産経新聞やTKC全国会(中小企業のビジネスドクター1万人超の税理士集団) 発行の「医業経営情報」においても取り上げられています。

『ホスピタリティマネジメントが介護を変える-サービス偏重から双方向の関わり合いへ-』

編 著 者 : 吉原敬典
発  行: ミネルヴァ書房
出版年月: 2020年7月