看護学部

看護学科

Department of Nursing さいたま岩槻キャンパス

授業レポート

  • 看護学科
  • 授業レポート
  • さいたま岩槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 学園トップ

2021年度 春学期「統合看護実習(課題実習)」

老年看護学領域「認知症高齢者をとりまく環境」での学び
じゃがいもの下準備をお手伝い

看護学科では、入学後3年間で老年看護学の講義と実習を終えますが、さらに認知症を学びたい、高齢者によい看護を行いたいと希望した4年生が「統合看護実習」で、介護老人福祉施設「岩槻まきば園」へ実習に行きました。

デイサービスで行われた「じゃがいもで鯉のぼり和菓子」作りに参加して、通園される高齢者とともに楽しいひとときを過ごしました。
行事への参加を通して学生は、一生懸命に和菓子作りを行う高齢者を見て、加齢の影響により手指の巧緻性(こうちせい)が低下していても、楽しい作業はやる気につながり機能低下の予防にもつながることを学びました。また、認知症により手順を忘れてしまっても、思い出せるような関わりがあれば最後まで作業を続けられることを考察していました。
出来上がったジャガイモの鯉のぼりに添えられた職員手作りの風車(かざぐるま)には「呼吸機能の低下予防の目的がある」との説明を受け、認知症高齢者の看護では人的・物的環境を整えることが重要になるとさらに学びを深めていました。

実習の最終日は、事前学習した認知症の社会的な課題を含めて認知症看護における課題と今後の自己の課題をグループワークで話し合い、発表することで学びを共有することができました。

  • 上手に鯉のぼりが出来上がりました
  • グループワークで話し合った内容を発表